栄養補助食品

コレステロールを下げる方法を知る|血管サポート情報局

重大な病気を防ぐために

ストレッチ

運動不足が招く病気

コレステロールが高すぎてくると、脳卒中、心筋梗塞などの重大な病気に発展してしまう恐れがあります。日頃からコレステロールが高くなりすぎないように気を付けたいものです。コレステロールを下げるには、下げる効果のある食品を摂ったり、適度な運動を行うことが必要です。青魚はコレステロールを下げる効果があるので、積極的に食べたいものです。仕事がら運動不足になりやすい人は意識して、毎日の生活の中に運動する習慣を取り入れましょう。電車やバス、車などで通勤している人は、自転車や徒歩を組み込むのも効果的です。他にもエスカレーターやエレベーターの代わりに階段を使うのも良いでしょう。わざわざ運動する時間を設けなくても、ちょっとした工夫で運動不足を解消することができます。

サプリメント等を利用する

現代社会ではいろいろなものが便利になった分、歩く機会が減っています。そのため、意識して歩くようにしないと、健康状態に悪影響を与えてしまいます。青魚にはEPAやDHAが多く含まれています。EPAやDHAはコレステロールを下げる働きをしてくれます。これらが凝縮された健康食品やサプリメントを利用するのも良い方法です。普段の食生活で、青魚を取る機会が少ない人は上手にこれらを利用すると良いでしょう。コレステロールには善玉と悪玉があります。悪玉が増えすぎて、善玉とのバランスが悪くなってくると、健康に悪影響を与えやすくなってしまいます。意識を変えることで、それに伴い生活習慣も変わっていきます。そのため、身体の状態が良い状態へ変わっていきます。